スペルの発音方法

更新日:2019年11月2日

上級レベルの生徒さんでも、発音について改めて学びなおす時、

「気にかけたこともなかった」という事柄が浮かび上がることがあります。その代表例の1つが、スペルの発音方法です。


例えば、松本さんという方が外国人に名前のスペルを伝える時、

M, A, T, S, M, O, T, O

のように、1つひとつ区切る話し方は大変聞きにくいものです。


ちょっと考えていただきたいのですが、日本人同士で電話番号を伝えるときに、

0、9,0,1,2,3,4,5,6,7,8

と数字1つずつ区切ると、ぎくしゃく感が半端ありません。

090、1234、5678 

のように、リズムよく息継ぎをしますよね?


同様に、松本さんも

ma, tsu, moto

と区切ったり、

mat, su, moto

のように2~4文字ごとの区切ってみて下さい。


なお、相手には「ひらがな」の感覚がないわけですから、例えば

飯塚さんというお名前の方が、

I, I, Zu, Ka

のように区切るのも、聞きにくい発音方法となります。

私なら、

Iiz, uka

と言うかな。




#発音矯正 #英会話 #海外生活 #留学 #TOEICSW #TOEIC #横浜

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Hi Aki-sensei! 今日早速外国のお客様がみえて今朝のレッスンが大活躍だったんです!ありがとうございました! 朝の15分レッスン 英語に触れる頻度を増やしたい・・・と、生徒さんからご要望がありました。15分の短いレッスンを試したい、という彼女のご希望があり、15分レッスンを1週間に何度も行うという試みをスタートした初日の今日。朝8時45分からスタート! ① 前回のレッスンで習った表現を使