squirrelの発音レッスン

先生向け記事1の続き。


squirrelはアメリカ英語とイギリス英語で発音の違いがあります。 [US] skwə́ːrəl [UK] skwírəl このブログはアメリカ発音を紹介します。


音節の数

音節は squir・rel 二音節です。 ストレス(日本語でいうアクセント)は前の音節にあるので、DA-da のようなリズム、仕上がり感であることを身体に覚え込ませます。(動画参照)


有声音と無声音

有声音は喉仏が振動し、無声音は喉仏が振動しない音です。手を喉にあてて、違いをまず感じましょう。無声音をも有声音で発話するのが日本語訛りの特徴で、それは致命的に通じない英語になってしまいますのでこのステップは重要です。

squirrelの発音記号は  /skwə́ːrəl /。動画のとおり /s/ /k/ を分けて説明しても、/sk/としてもどちらもOK。どちらも無声音ですので、「すくぅ」のように「う」と母音が入って有声音にならないようにだけ注意して下さい。

無声音はここで終わりです。/sk/の後、/wə́ːrəl/は、喉が連続的に響く有声音になります。


/w/の発音

唇に力を入れてすぼめます。日本語の「う」と同じ音が発話されていると、弛緩しすぎでカタカナっぽくなります。 【大げさに「わ」と言う】のも名案です。「う」よりは唇が、とがるはずです。

/rəl/の発音

/rəl/ のように/r/と/l/の間に、曖昧母音が入っています。この母音を意識しすぎると「レル」とか「ロル」となる人がいるので、/rl/と発音する気持ちで練習を進めましょう。(前述のとおりで、/sk/の無声音の後は、全て有声音なので、この方法でもうまくいきます。)

曖昧母音、/r/ /l/の発音については、個々に改めて記事にします。大変重要な音で、個別に書かなければ説明しきれません。それらの記事が完成次第、この記事にリンクを挿入しますので、もう少々お待ち下さい。

#発音 #英語の先生 #学校の先生

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-7 SSビル3F
​お問合せ: info@ee-assist.com
 
アシストイングリッシュルームは横浜市中区、ビジネスの中心地である関内エリアに位置しております。(関内駅徒歩4分)
馬車道駅、日本大通り駅、みなとみらいエリアへも徒歩圏内でアクセスの良い場所にあります。横浜駅へはJR京浜東北・根岸線で2駅です。近隣には駐車場が多数ありますのでお車での通学も便利です。
<電車> 
・横浜市営地下鉄ブルーライン:伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
・JR京浜東北線:関内駅(北口・南口) 徒歩4分
・みなとみらい線:馬車道駅 徒歩13分
・バス:羽衣町(徒歩1分)※鎌倉街道沿いに相当数の系統あり
  • twitter
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020 by AssisT English Room