英会話上達のコツは動詞

最終更新: 2019年11月2日

こんにちは!アシストイングリッシュルームの高木です。


先日ノーベル賞を受賞された 本庶佑先生の「6つのC」が、メディアで取り沙汰されていますね 。テレビ番組によっては英単語が動詞と名詞を混同して表記しているものがあるので、このブログをお読みくださっている方は「あれ?テレビと違う??」という箇所があるかもしれません。マスコミでは日本語を全て名詞で表記しているようなので、このブログでは、まずは全て英語名詞表記でまいりましょう。


好奇心 curiosity

勇気 courage

挑戦 challenge

確信 confidence

集中 concentration

継続 continuance または continuationまたは continuity


ここで注目したいのは continuance, continuation, continuity の違い。


英和辞典で調べると、どれも「継続・持続・続けること」などと書かれてあり、日本語訳だけを見ると、違いが分かりにくいですね。Dr. Honjoご自身は、どの英単語で使っていらっしゃるのだろう?(そもそも、先生ご自身がこの6つのCを使っておられるのか、マスコミの方々によってできた6つのCなのか?)


これが良い例で、われわれ日本人は名詞を多用/駆使して、表現をしようとするのに対して、英語話者は動詞を使って表現をすることが多い、という傾向があります。日々の英会話レッスンを通して痛感するのは、この感覚が根本的に違っていて、それが生徒さんにとって英語を話す(作る)ことを困難にさせている、ということです。


事実、誰の言葉かは存じ上げないのですが、「動詞を制する者は英語を制する」とは、実に言い得て妙で、動詞のむずかしさは、(1)1単語で深い意味を持っている動詞の暗記が必要 (2)時制の細かさに慣れる必要 この2つに集約される気がします。


私の勝手な憶測ですが・・・

本庶先生の仰る「継続」は、pursue なのかな?と思います。

pursue= (動詞)~を追い掛ける、努力して~を達成しようとする、仕事などを続行する


または、立ち止まらないで!という意味で「継続」とすると、don't give up and keep on going という雰囲気とも思えますし。。。


いずれにしろ、Cでそろえられない私です(苦笑)

0回の閲覧
〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-7 SSビル3F
​お問合せ: info@ee-assist.com
 
アシストイングリッシュルームは横浜市中区、ビジネスの中心地である関内エリアに位置しております。(関内駅徒歩4分)
馬車道駅、日本大通り駅、みなとみらいエリアへも徒歩圏内でアクセスの良い場所にあります。横浜駅へはJR京浜東北・根岸線で2駅です。近隣には駐車場が多数ありますのでお車での通学も便利です。
<電車> 
・横浜市営地下鉄ブルーライン:伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
・JR京浜東北線:関内駅(北口・南口) 徒歩4分
・みなとみらい線:馬車道駅 徒歩13分
・バス:羽衣町(徒歩1分)※鎌倉街道沿いに相当数の系統あり
  • twitter
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020 by AssisT English Room