produceのストレスの位置

◇近々動画にもする予定の先取りブログ記事です◇

動詞のproduce

作り出す、生み出す、生産する、作る、製造する、など対訳を挙げるときりがありませんが、動詞の produceはストレスの位置が、u の部分にあります。発音記号で書くと /prədúːs/

名詞のproduce 

名詞でproduceは、野菜や果物の農産物を表します。 名詞で使われる場合 o の部分、すなわちストレスが前方に移りまして、/próuduːs/ となります。 発音問題でテストに頻出したり、以前にTOEICの過去問でも「農産物」の意味で使われていた文章を見かけたこともあります。 

ストレスが移動するだけではありません

動詞の場合 /prədúːs/ 名詞の場合 /próuduːs/ ご覧の通り、動詞ではストレスが無かった曖昧母音の部分が名詞では /ou/という二重母音に変わっています。 このような変化は他の単語でも見受けられる事で、学習者さんからは「暗記事項が増えるじゃないか・・・」と嘆きが聞こえそうですが、ちょっと落ち着いて考えると、わざわざ取り立てて覚えるようなものでもないですよ^^  

まず、ストレスが置かれる場所は、母音です。 そして、ストレスを置きたいということは、明瞭に発音したいわけですから、そこは曖昧母音にしないことが基本です。それが道理にかなっていますよね^^

例えば: project <動> prədʒékt  <名> prɑ́dʒekt progress <動> prəgrés  <名> prɑ́gres

動詞では曖昧母音だった箇所が、名詞では/a/に変わり、そこにストレスがのっていますね。

面倒な単語?

こちらをご覧下さい。⇒ record <動> rikɔ́ːrd  <名> rékərd

(えーー、/i/が/e/に変わったりもしちゃうわけ???)と嘆きが聞こえそうですが、私の指導経験から言うと、「い」と「え」ほどに異なる音は、生徒さんたち結構、聞き分けられます。このような単語を repeat  after me してもらうと、意識的か無意識的か分かりませんが、ちゃんと音を拾ってくれるのです。

この記事で、少し気が楽になってくれた方がいらしたら幸いです。

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-7 SSビル3F
​お問合せ: info@ee-assist.com
 
アシストイングリッシュルームは横浜市中区、ビジネスの中心地である関内エリアに位置しております。(関内駅徒歩4分)
馬車道駅、日本大通り駅、みなとみらいエリアへも徒歩圏内でアクセスの良い場所にあります。横浜駅へはJR京浜東北・根岸線で2駅です。近隣には駐車場が多数ありますのでお車での通学も便利です。
<電車> 
・横浜市営地下鉄ブルーライン:伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
・JR京浜東北線:関内駅(北口・南口) 徒歩4分
・みなとみらい線:馬車道駅 徒歩13分
・バス:羽衣町(徒歩1分)※鎌倉街道沿いに相当数の系統あり
  • twitter
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020 by AssisT English Room