impossibleを使ったリスニングテスト


リスニング力は語彙力の影響大

リスニングができるか否かは、耳の力(聴力)だと思っている人が多いですが、実のところ「理解できた」と感じられた瞬間が、リスニングが完結した時です。 たとえ馴染みのある単語でも、馴染みのある使われ方でなければ、理解できません。

impossibleを「不可能な」と常に訳していると、意味がつかめない使われ方があります。(と、少なくとも指導経験から思います。) 今回のリスニングは、impossibleの単語を最大限に使えるようになる目的で学習に役立てて頂ければと思います。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

発音矯正動画レッスン

実は難しい単語 experience 受講者さんに共通してみられることがあります。それは、experienceの発音がほとんどカタカナ読みになっているということ。発音矯正レッスンには、英会話講師の方や学校の先生が受講してくださることもありますが、すなわち、そんな英語上級者でも「なんとなく」とか「適当」に発音してしまっている人が多い単語です。いちど立ち止まって学びなおした方が良い英単語です! 先日こ