be動詞はイメージで解釈する

今回の動画の概要 ● be動詞は「訳」でなく「イメージ」で理解するのがベスト ● be動詞は算数でいうところの「=」イコール ● be ~ingの ~ingは形容詞と考える ● 「~しているという」日本語を英語訳する時に間違いが多発する



be動詞はイメージで解釈する


日本語訳で考える

英語という言語を、日本語という言語の中で解釈しようとすること自体、無理があるわけです。まず皆さんにこの点に気付いて頂きたいと思います。

イメージで考える

そこで、単語を対訳ではなくイメージで理解すると、最初は時間がかかる遠回りのプロセスのような気がしますが、長い目で見て絶対に得です。

今回の動画は、訳で考えることによっておこる間違いも交えて動画をまとめました。

#アドバイス #テクニック

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

発音矯正動画レッスン

実は難しい単語 experience 受講者さんに共通してみられることがあります。それは、experienceの発音がほとんどカタカナ読みになっているということ。発音矯正レッスンには、英会話講師の方や学校の先生が受講してくださることもありますが、すなわち、そんな英語上級者でも「なんとなく」とか「適当」に発音してしまっている人が多い単語です。いちど立ち止まって学びなおした方が良い英単語です! 先日こ