AFNラジオでリスニング力を鍛える

耳で英語が理解できない原因

海外に住んでいると、否が応でも英語を聞き、話す、ということが毎日練習できるので、自然に伸びる部分はあるのですが、日本に住みながらにして、英語を音で理解できるようになるにはいくつかのアプローチが必要だと感じます。

まず、リスニングというと、耳の力と考えている人が多いですが、たしかにそれはリスニングの一部で、全てではありません。いくつかの原因が隠れています。

1. 単語量が問題の場合。

 そもそも、知らない単語で構成されている文は何度聞いても理解できません。この場合、語彙力を上げる他ありません。

2. 文字と音がマッチしない場合。

発音の仕組みを一度学び、「音の連結」「曖昧母音」「子音の聞こえ度」などを知ることが必要です。

3. スピードが問題の場合。

全ての単語を知っている文なのに、ネイティブスピードで話されると理解できない、という時があります。1つに上の「2番」が影響していることもありますが、単にスピードにoverwhelmed(圧倒されている)ということがあります。この場合、ひたすらoverwhelming に感じるスピードの音源をかけ続け、慣れていく(自分を、そのスピードに麻痺させる)ことが必要です。

この時、聴き始めて5秒くらいで(早っっっ!無理〜)と、メンタルブロックをかけないようにお願いします。無駄なアドバイスのように聞こえるかもしれませんが、実際そのような方が多くおいでです。せっかくの伸びしろを自分でカットオフしています。 落ち着いて聴き続けて下さい。

初めて聞くサザンオールスターズの曲は、難解な言葉(詞)に加え、桑田さんの芸術的な唄い方によって、日本語なのに何を言っているか分からないのと同じです

便利な時代なので、YouTubeやアマゾンスティックなど使って世界中の動画で英語が勉強できる時代ですが、今日は私が最近運転中に聴いているラジオを紹介させて下さい。

AMラジオのAFNプログラム

AMラジオにAFNというチャンネルがあります。

https://www.afnpacific.net/AFN-360/


アメリカ人向けにつくられているので、英語教材のスピードの何倍も早いスピード(むしろ、自然なスピード)で話されています。

在米経験のない方は最初戸惑うスピードだと思いますし、ラジオ独特の話し方に不慣れな人もいらっしゃると思います。でも、どちらも慣れによって解決できます。

聴き続けて下さい。

英語のスピードに慣れられる以外の良い点としては、

・同じニュースを時間をおいて繰り返し聴ける(同じ文を何度か聴ける)

・幅広いジャンルのトピックに触れられる(事件、アンケート結果、アメリカ文化の話など)

・イベントの案内英語(日時や場所の聴き取り)に慣れられる



・ニュース口調とは違って、一般人が話している箇所もあるので、リアルな話し方を知ることができる

などが挙げられます。

AFN、ぜひお試しください。

最新記事

すべて表示

Boris Johnson首相のスピーチ

Boris Johnson首相のスピーチ イギリスの首相:退院後のスピーチ 一時はICUで治療を受けておられましたが、先日、無事に退院されました。5分ほどのスピーチがYouTubeにアップされていましたのでシェアいたします。 イギリス英語の発音は、日本人にとって聴きやすいといわれています。特に、北米英語にどっぷり浸かった人でなければ、、、という前置き付きですが。私の場合、母音を伴う/r/の音で終わ

リスニング力レベル

リスニング上級者 Would you like me to heat this up for you? ネイティブが自然なスピードで発音しても、リスニングが上級レベルの人には一発で聞きとれるはずです。短く簡単な単語が並んで、なんてことない文に見えますが、音の連結(リンキング)やストップ音が、バンバン出てきて、単語が「見えなく」なります。そのため、発音とリスニング初級者には理解できなくなるのです。

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-7 SSビル3F
​お問合せ: info@ee-assist.com
 
アシストイングリッシュルームは横浜市中区、ビジネスの中心地である関内エリアに位置しております。(関内駅徒歩4分)
馬車道駅、日本大通り駅、みなとみらいエリアへも徒歩圏内でアクセスの良い場所にあります。横浜駅へはJR京浜東北・根岸線で2駅です。近隣には駐車場が多数ありますのでお車での通学も便利です。
<電車> 
・横浜市営地下鉄ブルーライン:伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
・JR京浜東北線:関内駅(北口・南口) 徒歩4分
・みなとみらい線:馬車道駅 徒歩13分
・バス:羽衣町(徒歩1分)※鎌倉街道沿いに相当数の系統あり
  • twitter
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020 by AssisT English Room