自然な表現を覚える学習方法

自然な英語表現を覚える、具体的な学習方法

発音より大切なこと(YouTube動画レッスン第154回)でお話した 「発音より大切なことは、自然な英語表現を知る事」 の続編としてお読み下さい。

こんなお悩みを持っている方はいませんか?

「自然な文をどのようにして増やしていけばいいのかという問題に直面している気がします。 Skype英会話の中で講師の方に聞いたり、自分が気になった文をインターネットで調べることで徐々に増えていっているとは思うのですが、 より効率よく増やす方法がないかということを模索しております」

視聴者さんからいただいたコメントです。 同じ悩みを持つ方は多くいらっしゃると思います。 共感できる方はぜひ読み進めてください。

概要 ● 必要なマインドセット ● 自然な文を身に付けるための具体的な学習方法 ● おまけの精神論

YouTube動画レッスン



必要なマインドセット

① まずはmindsetを変えよう

✓  Mindset – is your way of thinking.  (物事にたいする考え方や見方)

質問文に 「効率よく増やす方法」 と書いています。 効率よく増やしたいですよね。

効率よく増やすというのは、効率よく「覚える・暗記する」ということ。

そして、自然な表現は「勝手に増える」ことはなく、「増やす」のであるということ。 そして、その「増やす」という行為は、自分自身以外の誰でもない

というマインドセットを持ってほしいのです。

✓  覚える行為と、教材の良しあしは関係ありません。

覚える・暗記するのは、自分自身です。 魔法の杖のようなテキストはないか、聞き流すだけで覚えられるCDはないか――― ありません。

教材探しの旅をしている人が多いです。

目標(山の頂上)=英語を話すこと

なら

本探しの旅をしていては、遠回りばかりで、なかなか頂上にたどり着けません。

✓ 下手をすると、教材探しの達人になるだけ

自分の継続した行為結果に直結する

ということを理解しましょう。



皆さんがたどり着きたいのは 「自然な表現をたくさん知っている自分」が待つ山頂です



② じゃあ具体的にどうすれば良いの?

 次の5ステップを実践してください


学習の5ステップ


  1. まずは知識が豊富なトピックを1つ選びます

  2. 教材を決めます

  3. 読解

  4. 音読しながら覚える

  5. 講師相手に使う

1) 自分が豊富な知識を持っているトピックを選ぶ


✓ 料理が得意な人・・・次の表現を全て英語で言えますか?

焼く、揚げる、中火にかける、解凍する、電子レンジでチンする、弱火で10分煮込む

✓ ジムで筋トレ好きな人・・・次の表現を全て英語で言えますか?

ランニングマシーン、有酸素運動、タンパク質、ビタミン、腹筋、上腕三頭筋

え? 全部は言えない?

Great!! 

それは、学習の余地があるということ。 

トピックが決まりました。Congratulations! 

✓ 自分が知識豊富なトピックを選ぶメリット

母語で知識があることというのは、既に持ち合わせている知識を、英語に変えるだけ。 なので、英語が頭に入ってきやすいです。そして、定着もしやすいのです。

しかも、好きなトピックだから、学習過程での苦痛が少ない。

2) 教材を決める


✓ 自然に話している、ネイティブスピーカーの話し方こそが、みなさんが目指す話し方です。

✓ TedTalks のプレゼンテーションや、ニュースキャスターの話し方ではありません。

✓ 本屋さんで、文脈のない短文がフレーズ集として紹介されてある本や、異常にスピードの遅いCDを使うことはおすすめしません。


✓ お料理が得意な人・・・【cooking NY】 【cooking, Italian food】 など

✓ ジムでの筋トレが好きな人・・・【gym abs workout】  【gym legs workout】 など ※ Absは abdominals (腹筋)腹部という意味


NOです

 【gym abs workout】の検索結果で選んだ教材。そこで学んだ単語や言い回しは、他の筋トレでも出てきます。

✓ レイヤー(層)をイメージしてください。

下の層で学んだ内容が支えとなり、上の層で学ぶことは楽になります。しかも、スピーディーにいなります。 だから、時間効率はむしろ上がるのです。


なるべく短い動画を選びましょう。20分もある動画を一度にしてはいけません。量が多すぎます。 気に入った動画が長いようでしたら、初級の方なら30秒刻み、中上級の方でも60~90秒を1日の限度としましょう。

大切なのは、量ではありません。確実に覚えることが目的なのですから。

3) 読解


✓ 設定で、字幕をONにして聞いてください。

✓ 字幕を見ながら聞いても理解できない英文は紙とペンで書き出して下さい。

✓ 字幕と発音がマッチしない箇所があればそれも書き出します。

✓ じっくり読解をする。 ここで理解できない表現は、おおよそ学校で学ばない表現で、それこそがまさに、現地で実際につかわれる自然な表現ということになります。

4) 音読


✓ まずは自分のペースで3回程読んで、英文に慣れさせる

✓ 次に、動画と一緒に読みます。 最初はネイティブのスピードだと速すぎるので、再生速度を設定で変えて下さい。 0.75で良いと思いますが、字幕をみても分からない箇所は0.5ぐらいに落として下さい。非常に不自然なスピードですが、一度その遅さで、単語と人のくちびるの動きと音とを観察してマネすることをお勧めします。

5) 実際につかう


✓ 自分のオリジナル文を最低2つ作って聞いてもらって下さい。

  1. 例: Tom ate one cookie after another. 次から次へとクッキーを食べた。

(へ~、こういう表現するんだ~) → オリジナル文を作る

  1. We had one trouble after another at work yesterday.

  2. When my brother was cooped up in the house after his surgery, he started reading one book after another.  He became a straight-A student.

そしてアドバイスをもらいましょう。


③ おまけの精神論

英語の学習の話なのに、理屈っぽいことを言っているように聞こえるかもしれません。

が、マインドセットというのは your way of thinking

すなわち、習慣。

mindset = your way of thinking = 習慣 * 辞書によっては mindset の訳に「習慣」と書かれています

このマインドセットに慣れていない人にとっては、最初は違和感があったり、ぶれたりすると思いますが、一度習慣化してしまえば、楽にトレーニングができる自分に変わっているので、ぜひ試してみて下さい。 大変だと思いますが、大変とは「大きく変わる」と書きますから、自分が変身できるチャンスなのです。 このマインドセット(考え方、習慣)を持つだけで英語が話せるようになるのなら

こんな美味しい話は無いと思いませんか?

まとめ



  1. まずは知識が豊富なトピックを1つ選ぶ

  2. 教材を決める

  3. 読解する

  4. 音読しながら覚える

  5. 実際に使ってみる

こばなし


わたくし高木が英語を覚えた方法は、今日ご紹介した方法、のみ、です。

ニューヨークに住んでいた頃、毎日まいにちアメリカ人の友達にベーグルとコーヒーを買って英語を教えてもらいました。1年経ったころには、別人になっていました。

だから、胸を張ってこの方法をおすすめします。この方法で、少なくとも高木のレベルまでは実現可能です。

#英語 #勉強方法 #上達

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-7 SSビル3F
​お問合せ: info@ee-assist.com
 
アシストイングリッシュルームは横浜市中区、ビジネスの中心地である関内エリアに位置しております。(関内駅徒歩4分)
馬車道駅、日本大通り駅、みなとみらいエリアへも徒歩圏内でアクセスの良い場所にあります。横浜駅へはJR京浜東北・根岸線で2駅です。近隣には駐車場が多数ありますのでお車での通学も便利です。
<電車> 
・横浜市営地下鉄ブルーライン:伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
・JR京浜東北線:関内駅(北口・南口) 徒歩4分
・みなとみらい線:馬車道駅 徒歩13分
・バス:羽衣町(徒歩1分)※鎌倉街道沿いに相当数の系統あり
  • twitter
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020 by AssisT English Room