発音が正しくても通じない場合

How long has this been around?

【その1】 その日、私は大学の友人と近所のhistoric site(史跡)を散歩していました。 「この建物はどれくらい古いものだろう」と思い How old is this building? と言うと、友人はこう返してきました。

Do you mean how long this building has been around?

私の文でも伝わるけれど、ネイティブスピーカーにとっては一般的でないということでした。

How much longer …?

【その2】 その日、私は Dr. Boyle教授の車に同乗して、あるリハビリテーション施設に向かっていました。「あとどれくらい時間がかかるのかな?」と思い

How long more will it take?

教授は一瞬、?、という表情をして、こうおっしゃいました。

You want to know how much longer it is going to take?

Longにはlongerという比較級があるにも関わらず、moreを使ったことが今となっては謎ですが。。。上記文は、単語の選択はほとんど正しいけれど、文法的に少しoff(ずれがある)だったこともあり、相手にすんなりとは通じなかったわけです。(※ 会話がゆっくりと流れていたことで、相手がこちらの意図を組む時間が確保でき、確認してくれたおかげで会話が成立した一件です。早口による弊害に関してはこちらをご覧ください。)

相手に通じないほど発音が悪くない場合でも、仕上がった英文が英語話者と大きく離れていると、コミュニケーションがぎくしゃくします。読書をするなどしてインプットを増やすことも常に心がけたい点です。

#留学 #発音 #英会話

最新記事

すべて表示

colon 発音

colonの発音 「セミコロンを使う」のように使う「コロン」という単語。カタカナで使うので発音が要注意な単語となります。発音記号は /kóulən/。 無理やりカタカナで書くと「コゥロン」のように二重母音になります。カタカナ風に「コロン」というとまず通じないと思ってよいです。 また、「ロン」の部分は曖昧母音で /lən/ となりますので、「ろー」とならないように。 semicolon の発音 se

produceのストレスの位置

◇近々動画にもする予定の先取りブログ記事です◇ 動詞のproduce 作り出す、生み出す、生産する、作る、製造する、など対訳を挙げるときりがありませんが、動詞の produceはストレスの位置が、u の部分にあります。発音記号で書くと /prədúːs/ 名詞のproduce 名詞でproduceは、野菜や果物の農産物を表します。 名詞で使われる場合 o の部分、すなわちストレスが前方に移りまして

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-7 SSビル3F
​お問合せ: info@ee-assist.com
 
アシストイングリッシュルームは横浜市中区、ビジネスの中心地である関内エリアに位置しております。(関内駅徒歩4分)
馬車道駅、日本大通り駅、みなとみらいエリアへも徒歩圏内でアクセスの良い場所にあります。横浜駅へはJR京浜東北・根岸線で2駅です。近隣には駐車場が多数ありますのでお車での通学も便利です。
<電車> 
・横浜市営地下鉄ブルーライン:伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
・JR京浜東北線:関内駅(北口・南口) 徒歩4分
・みなとみらい線:馬車道駅 徒歩13分
・バス:羽衣町(徒歩1分)※鎌倉街道沿いに相当数の系統あり
  • twitter
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020 by AssisT English Room