曖昧母音でカタカナ発音脱出


日本語訛りを減らす方法

カタカナ発音、日本語訛り、、、これらを減らして通じやすい英語にするためには、手っ取り早い方法がいくつかあります。今回は「母音: a, e, i, o, u」に焦点をあてて1つお話をします。そのコツは、曖昧母音。

曖昧母音

曖昧母音とは英語で schwa と書き、「シュワ」と発音します。 単語のストレスは必ず母音で起こりますが、この曖昧母音は、ストレスがおかれない場所にくることが基本です。

例えば monopolyという単語の発音記号は /mənɑ́pəli/。これを 「モォノォポォリィー」と発音しようものなら、おそらく通じません。そこで、ストレスの置かれる (カタカナで言うところの)「ノ」の部分(「ナ」と発音しますが)、以外は曖昧母音となっているのが分かります。 その箇所を、「喉がなれば(有声にさえなれば)OK!」という潔い思いで発声し、唇の形は「あ、い、う、え、お」いずれでもない脱力したフォームを作って下さい。

モナポリー、ムナプリー、などなど、カタカナに起こすと、人によって聞こえ方が異なることが分かります。ようは、それくらい「曖昧にする」ので良いのです。母音で終わる日本語のがちがちのカタカナ感を減らせます。

では動画で impossible を例に練習をしましょう。

※ 動画ではアメリカ発音を取り上げています。イギリス発音は /impɔ́sibəl/ で「スィ」となりますのでご注意下さい。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

発音矯正動画レッスン

実は難しい単語 experience 受講者さんに共通してみられることがあります。それは、experienceの発音がほとんどカタカナ読みになっているということ。発音矯正レッスンには、英会話講師の方や学校の先生が受講してくださることもありますが、すなわち、そんな英語上級者でも「なんとなく」とか「適当」に発音してしまっている人が多い単語です。いちど立ち止まって学びなおした方が良い英単語です! 先日こ