曖昧母音でカタカナ発音脱出


日本語訛りを減らす方法

カタカナ発音、日本語訛り、、、これらを減らして通じやすい英語にするためには、手っ取り早い方法がいくつかあります。今回は「母音: a, e, i, o, u」に焦点をあてて1つお話をします。そのコツは、曖昧母音。

曖昧母音

曖昧母音とは英語で schwa と書き、「シュワ」と発音します。 単語のストレスは必ず母音で起こりますが、この曖昧母音は、ストレスがおかれない場所にくることが基本です。

例えば monopolyという単語の発音記号は /mənɑ́pəli/。これを 「モォノォポォリィー」と発音しようものなら、おそらく通じません。そこで、ストレスの置かれる (カタカナで言うところの)「ノ」の部分(「ナ」と発音しますが)、以外は曖昧母音となっているのが分かります。 その箇所を、「喉がなれば(有声にさえなれば)OK!」という潔い思いで発声し、唇の形は「あ、い、う、え、お」いずれでもない脱力したフォームを作って下さい。

モナポリー、ムナプリー、などなど、カタカナに起こすと、人によって聞こえ方が異なることが分かります。ようは、それくらい「曖昧にする」ので良いのです。母音で終わる日本語のがちがちのカタカナ感を減らせます。

では動画で impossible を例に練習をしましょう。

※ 動画ではアメリカ発音を取り上げています。イギリス発音は /impɔ́sibəl/ で「スィ」となりますのでご注意下さい。

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-7 SSビル3F
​お問合せ: info@ee-assist.com
 
アシストイングリッシュルームは横浜市中区、ビジネスの中心地である関内エリアに位置しております。(関内駅徒歩4分)
馬車道駅、日本大通り駅、みなとみらいエリアへも徒歩圏内でアクセスの良い場所にあります。横浜駅へはJR京浜東北・根岸線で2駅です。近隣には駐車場が多数ありますのでお車での通学も便利です。
<電車> 
・横浜市営地下鉄ブルーライン:伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
・JR京浜東北線:関内駅(北口・南口) 徒歩4分
・みなとみらい線:馬車道駅 徒歩13分
・バス:羽衣町(徒歩1分)※鎌倉街道沿いに相当数の系統あり
  • twitter
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020 by AssisT English Room