新型肺炎の病名 【COVID-19】

新型肺炎の病名 COVID-19 【英字新聞から学ぶ】

*音声は下にあります

✔ 新型コロナウイルスの感染による肺炎の名称が「COVID-19」と決定したことがWHOより発表されました。

日本経済新聞のこちらの記事によると以下の通りです

「新名称は英単語の「コロナウイルス」と「病気」の短縮形に、感染が発生した年の「2019年」を組み合わせた。」(日本経済新聞2020/2/12 1:47 より抜粋)

すなわち、coronavirous の一部からCOVI、病気=diseaseのDをとって組み合わせたものが COVID。2019年の19をたして、COVID-19。ということですね。

こちらのAPF Fact Checkによりますと、SNS上ではCOVID-19は China Outbreak Virus in December 19の略であるという投稿があったようですが、それは誤った情報だとWHOが述べています。outbreakとは病気の大流行や突然の発生を意味する単語です。



✔ The Japan Timesのこちらの記事から抜粋をご覧ください。(音声では、まず全文を読み上げていますので、リスニングで理解度チェックにご利用ください。音声最後には音読練習ができるようになっています。)

Near the end of its two-week quarantine, 88 more people aboard the Diamond Princess cruise ship in Yokohama tested positive for COVID-19, the health ministry said Tuesday, with 65 of them experiencing no symptoms such as fever or coughs.

上記には、日常的によく使う病気に関する単語があるのでそれらも本日練習しましょう。

  1. symptom /símptəm/ 症状、兆候 ※症状が出る: experience という動詞はいっしょに使われることが多い。

  2. fever /fíːvər/ 熱

  3. cough /kɔ́(ː)f/ 咳

  4. to test positive 陽性反応の結果がでる

  5. the health ministry /hélθ/ /mínəstri/  厚生労働省(正式には Ministry of Health, Labour and Welfare です。厚生労働省のサイトでは Labor ではなく Labourと英国スペルで書かれています)

では、音声2分あたりの全文読み上げでリスニングによる理解度チェック、また終わりの部分で音読練習ができますので、音声でもしっかり学習なさってくださいね。

https://helpeigonosensei.files.wordpress.com/2020/02/covid19.m4a

#英検 #時事英語 #英語 #発音 #連語 #音声 #covid19

最新記事

すべて表示

発音矯正動画レッスン

実は難しい単語 experience 受講者さんに共通してみられることがあります。それは、experienceの発音がほとんどカタカナ読みになっているということ。発音矯正レッスンには、英会話講師の方や学校の先生が受講してくださることもありますが、すなわち、そんな英語上級者でも「なんとなく」とか「適当」に発音してしまっている人が多い単語です。いちど立ち止まって学びなおした方が良い英単語です! 先日こ

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-7 SSビル3F
​お問合せ: info@ee-assist.com
 
アシストイングリッシュルームは横浜市中区、ビジネスの中心地である関内エリアに位置しております。(関内駅徒歩4分)
馬車道駅、日本大通り駅、みなとみらいエリアへも徒歩圏内でアクセスの良い場所にあります。横浜駅へはJR京浜東北・根岸線で2駅です。近隣には駐車場が多数ありますのでお車での通学も便利です。
<電車> 
・横浜市営地下鉄ブルーライン:伊勢佐木長者町駅 徒歩2分
・JR京浜東北線:関内駅(北口・南口) 徒歩4分
・みなとみらい線:馬車道駅 徒歩13分
・バス:羽衣町(徒歩1分)※鎌倉街道沿いに相当数の系統あり
  • twitter
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2020 by AssisT English Room