今日の単語 【apologize】

今日の単語 【apologize】

*音声は下にあります

✔ 発音記号 /əpɑ́lədʒàiz/

✔ 意味

  1. 謝る、詫びる(sorryという気持ちを表す)

  2. 誰かにご不便や不快なおもいをさせてしまったことに対して、申し訳ないという気持ちを表す時に使う単語です。(You are apologizing when you are telling someone that you are sorry for having done something that has caused problems, inconvenience or unhappiness for them.)

apologize

✔ 例文

  1. I apologize. =I am sorry. (申し訳ありません。)

  1. John apologized for what he did yesterday. (ジョンは昨日したことを謝罪した。)

forという単語には、私は「気持ち」を強く感じます。apologizeする理由が what he did yesterdayなので forという前置詞を使って導きます。謝りたい気持ちがここにある・・・という感じが強くでます。気持ちの向かう先、とでも言いましょうか。 しばしば、理由を表すfor と文法書では見かけると思いますが、気持ちとは、行動を起こす理由ですので、説明の仕方の違いであって、内容は同じです。さて、一方、謝る「相手」を表す時は、次の例文のようになります。

  1. You don’t have to apologize to him. You didn’t do anything wrong. (あなたは彼に謝る必要はないよ。何も悪いことしてないじゃない。)

謝る相手はhim. 謝るという行為がhimに向かうので、方向性を表すtoを使ってhimを導きましょう。 また、You didn’t do anything wrong. の部分は、「You didn’t do a wrong thing.」という言い方はしません。「何も悪いことをしていない」は 時制は文脈によってかわることはあっても、基本この形(You didn’t do anything wrong.)なので、このまま覚えるのが賢明です。


https://helpeigonosensei.files.wordpress.com/2020/01/apologize.m4a

#英語 #英検 #音声 #garbage

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

気になるその発音!【experience】

気になるその発音!【experience】 experience どう発音しますか? ➡ 発音記号をみてみましょう。 /ikspíəriəns/ (Oxford Dictionaryの表記は /ɪkˈspɪəriəns/ または /ɪkˈspɪriəns/ となっています。) 母音の発音 ➡ 出始めの音に関して alcさんの辞書には/ekspíəriəns/という発音記号も併記されていますが、私