リスニングチェック動画


– Is there any place I can~? – Is there any place we can~?

この表現で始まる文、10を録画しました。

Aと伝えたい・・・という時、表現の仕方は人の数だけあります。 これ一つしかない、というのは、挨拶の表現ぐらい(それでも Good morning. さえ Morning! と口語で使われますが、、、)でしょう。

「どこでWiFiが使えますか?」と聞きたい時、 Excuse me, where can I use WiFi? と言っても問題ない場面と、その言い方では唐突に聞こえる場面とがあります。英「会話」です。会話は流動的です。その場面、話している相手など、言葉以外の要因で表現を変える自由さが欲しいです。すると、不自由を感じない英語力になります。

今回の動画では Is there any place I can ~?「○○できる場所はありますか?」という表現を用意しました。初対面の人にでも、海外旅行中に道行く人にでも(笑)、話しかけられえる表現です。出だしの6単語は、すらすら言えるようにしましょう。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

発音矯正動画レッスン

実は難しい単語 experience 受講者さんに共通してみられることがあります。それは、experienceの発音がほとんどカタカナ読みになっているということ。発音矯正レッスンには、英会話講師の方や学校の先生が受講してくださることもありますが、すなわち、そんな英語上級者でも「なんとなく」とか「適当」に発音してしまっている人が多い単語です。いちど立ち止まって学びなおした方が良い英単語です! 先日こ