さあ!一緒に笑いましょう

さあ!一緒に笑いましょう


➡ 日本はゴールデンウィークも後半。GW中を通して、皆さん stay home を守って、例年に比べるとテンション低めのGWだったのではないでしょうか? そんな時こそ一緒に笑いませんか!

Let’s laugh with him. NOT, laugh AT him.

共に笑うことを表す時は laugh with himのように with を使いましょう。

at himというと、彼を笑いものにするように聞こえます。前置詞 at には、動作がその物にピンポイントに及ぶ雰囲気があるからです。

➡ I am afraid my classmates will laugh at me if I ask this question. (もしこの質問をしたら、クラスメイトたちは私のことを笑うと思うわ。)

このような感じで、馬鹿にして笑われる感じが出てしまいます。

今回のように、関ジャニの横山さんの大笑いに、つられて、こちらも笑うような場合は、横山さんを表す「人」を前置詞の後に続けたいので、withを使うのが良いです。

では動画を楽しんで下さい ^o^

#発音 #英語 #英会話 #laughatlaughwith違い

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

発音矯正動画レッスン

実は難しい単語 experience 受講者さんに共通してみられることがあります。それは、experienceの発音がほとんどカタカナ読みになっているということ。発音矯正レッスンには、英会話講師の方や学校の先生が受講してくださることもありますが、すなわち、そんな英語上級者でも「なんとなく」とか「適当」に発音してしまっている人が多い単語です。いちど立ち止まって学びなおした方が良い英単語です! 先日こ