top of page

【#23 リスニング解説】職場でありそうな英会話

【リスニングテスト#23】職場でありそうな英会話

解説(音声解説は下)

➡ Party? Hmm, I have to start work early tomorrow. I think I am going to pass. (パーティー?えーっと、明日、仕事が早いから、やめておくよ。)

hmm

うーん・・・のように考えていることを表す音です。文字に起こすと hmm になります。

I have to start work early tomorrow.

✔ 自然な日本語になるよう「明日、仕事早い」と書きました。仕事をスタートする時間が早い、という意味です。startは動詞。ここでのwork は『労働』を表す名詞です。決して、二つの動詞が並んで使われているのではありません。

✔ 時制に関して: 明日の話ですが will などの未来を表す単語が無くても大丈夫です!〇〇しなきゃいけないということは、『これから』『今後』起こることであると明白ですから。また、tomorrow といっているので、いつの話をしているか誤解しようがありませんね♬

I think I am going to pass.

✔ 日本語で「パスする」というフレーズを使って「やめとくよ」「行かないでおくよ」という意味を表しますよね。同様に I am going to pass. は「やめとくよ」という、お誘いをお断りする時に使えます。さて、もし I will pass. と言った場合、少々冷たい感じに聞こえます。will という単語は意思を伝える時に使うのがおすすめです。例えば、喜んでお手伝いするよ!という時、「助けたい」という気持ちを全面に出したいので

I will help you!

と言うと良いですね。

I am going to~を使うと、淡々と事実を述べている感じがします。(行きたいとか、行きたくないとか関係なく)単に、明日は仕事が早くスタートするからパスします、という感じです。伝わりますでしょうか?  I think を使うことで、まろやかさが出ます。

➡ Why don’t we go for a drink this Saturday? (今週の土曜日、飲みにいかない?)

日本語でも、お誘いをするときには「行きま”せん”か?」とか「行か”ない”?」とか、否定のサウンドをもつ単語を使いますよね。面白いですね。相手にNOと言わせる余裕を与えてあげる、優しい感じがします🎵 Why don’t we goも同様に「なぜ私たちはいかないの?」なんていう意味ではなく、優しくお誘いしている表現として覚えちゃいましょう。 

➡ I am going to have to work overtime today. (今日、残業しなきゃいけないことになってるの。)

I am going to have to…

I have to work overtime today.

といってもOK!

あえて日本語で違いを出すとうれば、I have to work overtime today. が「今日は残業をしなきゃいけなくて」で、I am going to have to work overtime today. が「今日は残業をしなきゃいけないことになっていて」という感じかなぁ(難しい・・・)。

listening test #23 職場でありそうな英会話

リスニングテスト #23 解説

読み上げた文章はこちら⇩

  1. Party? Hmm, I have to start work early tomorrow. I think I am going to pass.

  2. Why don’t we go for a drink this Saturday?

  3. I am going to have to work overtime today.

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page